ストーリー

第26話

「晴れわたれ! キラキラ☆流星群の夜!」

2021/08/29 放送

第 26 話「晴れわたれ! キラキラ☆流星群の夜!」の場面1
第 26 話「晴れわたれ! キラキラ☆流星群の夜!」の場面2
第 26 話「晴れわたれ! キラキラ☆流星群の夜!」の場面3
第 26 話「晴れわたれ! キラキラ☆流星群の夜!」の場面4
第 26 話「晴れわたれ! キラキラ☆流星群の夜!」の場面1
第 26 話「晴れわたれ! キラキラ☆流星群の夜!」の場面2
第 26 話「晴れわたれ! キラキラ☆流星群の夜!」の場面3
第 26 話「晴れわたれ! キラキラ☆流星群の夜!」の場面4

天文部を作ろうとチラシを配っていた1年生の仲川詩織から「50年に1度のすごい流星群がもうすぐやってくる」と聞いたまなつは、「流星群を学校のみんなでみる会」を開催しようと思いつきます。トロピカる部のみんなで学校中に呼びかけることにしました。少しずつ学校中の関心も高まっていきますが、くもりになりそうな当日のお天気が気がかりでした。
当日の夕方、空はやはりくもり模様でしたが、校庭では男の人たちが太鼓を鳴らしていました。彼らはあすかの父・晴瑠也と集まったあおぞら中のOBで、30年前、野球部が初めて全国大会に出場したときに晴れを呼び寄せた“炎の晴れ男”たちだといいます。
やがて他の生徒やその家族たちも学校に集まり始めますが、そのやる気パワーを狙ってヌメリーがあらわれます。キュアサマーたちが太鼓を打ち続ける晴瑠也たちを守り抜き、ゼッタイヤラネーダを退治すると、空はみごとに晴れ渡っていました。
詩織や他の生徒からトロピカる部への称賛の声が寄せられる中、まなつたちが見上げる空には、次々と流星が流れていくのでした。

トロピカる部きょうの部活動 トロピカる部きょうの部活動

脚本:守護 このみ  演出:山内 東生雄
作画監督:森 亜弥子 / 和田 伸一子 / 中村 叶子 / 吉森 直子  美術:平良 亜梨沙
絵コンテ:小村 敏明

次回予告

SNS公式(こうしき)アカウント
  • instagram
  • twitter
  • youtube
  • line