第 8 話 『 プリキュア解散!ぶっちゃけ早すぎ!? 』 2004/03/21
脚本  清水 東 演出  五十嵐卓哉 作画監督  爲我井克美 美術監督  行 信光/塩崎広光
どうしても、ほのかと藤村君の関係が気になってしまうなぎさ。おかしいなぎさの様子に周りも訝しげ…。気にしないようにすればするほど、二人の仲の良さが引っかかりほのかに真相を確かめようとするが、何も聞けないまま逃 げ出してしまう…。一方ほのかは、ミップルからなぎさの藤村君に対する思いを聞き、二人を近付けようと画策する。翌朝、偶然居合わせた藤村君を紹介するが、無神経とも取れる行動に「おせっかいなのよ!」と逆になぎさの怒 りをかってしまう。逃げ出すなぎさを追いかけるほのか。 しかし…「あなたとはプリキュアってだけで、友達でもなんでもないんだから!!」なぎさの言葉に傷付いたほのかはその場から去っていく…。
なぎさの一言が頭から離れないほのか。相手の事を思ってやった事が、逆に傷つける結果になってしまい動揺を隠せない…。なぎさも、勢いとはいえ酷い事を言ってしまったと反省するが、どうしたらいいのか分からない。お互い微妙な距離のまま放課後を迎えるが…「こういうのって、やっぱり気が合ってる人同士の方がいいと思って…」自分に プリキュアの資格が無いと思い込んだほのかは、なぎさにカードコミューンを預けて走り去る。それを聞いてメップ ルは怒り狂うが、ミップルは複雑な顔のなぎさに、プリキ ュア手帳に今の思いを書いて頭を整理したらどうかと提案する。「早く二人に仲直りをして欲しいミポ…」「とっとと詫びを入れるメポ!!」
「ゆ~きし~ろさん!」何とかほのかに謝ろうと必死のなぎさ。しかし、努力も空しく避けられっぱなしで、一日が過ぎて行く。「五円なんてしけてるメポー」「うるさいわね!!」最後の手段と、神社に願掛けに行くが、運の悪い事にゲキドラーゴの強襲に遭ってしまう!触手の様な木の枝を操り、コミューンを奪われて絶体絶命のピンチを迎えるが…「美墨さん!!」通りかかったほのかが駆けつける も、いまいち行動が鈍い。「もたもたしないで早く!」動揺していたほのかも、ムッとした怒りに任せて、なぎさにコミューンを投げつける。「…ちなみに私、モタモタなんてしてません!」なんとか変身した二人だが…
「俺、無視するなぁ~!!」ゲキドラーゴの存在を無視して、戦いの最中も激しいケンカが続行される!「だいたい私と貴方じゃ全然性格が違うのよ!!」「そうね、腹立つくらいね!!」熱い女の戦いが繰り広げられるも、何故か息の合った動きで攻撃をかわす二人。ついにゲキドラーゴも自分の存在を訴えるが「今大事なお話中!!」逆に跳ね返され、普段と比べ物にならない様な威力の必殺技を受けて敗退する。戦いの後も、よそよそしい二人…。しかし 「美墨さんといると楽しい」「もっと雪城さんの事を知り たい」取り違えた手帳に記されていた、素直に言えないお 互いの気持ち。今回のケンカで、また一歩距離が近付いた…かな?
 
(C)ABC・東映アニメーション