ストーリー

第13話

「ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!」

2021/05/23 放送

第 13 話「ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!」の場面1
第 13 話「ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!」の場面2
第 13 話「ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!」の場面3
第 13 話「ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!」の場面4
第 13 話「ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!」の場面1
第 13 話「ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!」の場面2
第 13 話「ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!」の場面3
第 13 話「ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!」の場面4

お昼休みの放送で人魚の話を聞いたまなつたちは、放送委員を訪れます。放送委員の小森いずみと林田ゆきえはよろこびますが、普段はあまり生徒たちにトークを聞いてもらず悩んでいると言います。すると、まなつは「トロピカる部で出演したい」と申し出ました。
翌日の放送中、パーソナリティのいずみが急な腹痛で保健室へ。放送を見学していたまなつたちがいきなりトーク出演することになってしまいます。ドタバタ続きでゆきえが頭を抱える中、飛び入りゲストとして人魚のローラが参加し、なんとか放送は持ち直します。しかし、放送の終わりがけに、商店街でゼンゼンヤラネーダが出現し、まなつたちは駆けつけることに。
放送のエンディングトークでは、残ったローラがアカペラの歌を披露し、学校中がその歌声に聴き入ります。歌い終えたローラは先に向かったキュアサマーたちと合流し、ヤラネーダを退治します。
放課後、学校はローラの歌声の話題でもちきりでした。いずみやゆきえにローラの正体をたずねられ、戸惑うさんごたちをよそに、ポットの中のローラは得意げにほほ笑むのでした。

トロピカる部きょうの部活動 トロピカる部きょうの部活動

脚本:成田 良美  演出:南川 達馬
作画監督:南川 達馬  美術:赤田 信人  絵コンテ:小村 敏明

次回予告

SNS公式(こうしき)アカウント
  • instagram
  • twitter
  • youtube
  • line