スペシャルコンテンツ

インサイドM&G 第2回演出家「暮田公平」さん


※文章内の表記としての話数は
『制作話数』です。
放送される際の話数とは別の物となる場合もございます。
予めご了承下さい。

ボクダン: 今日はよろしくお願いします。

暮田: よろしくお願いします。

ボクダン: 暮田さんはタイミング的に丁度演出助手から演出になった時ですよね

暮田: そうですね、演出として初めての作品がマリガリです。

ボグダン: 鬼太郎ザムービーから来てみたらそのままマリガリにという感じで。 結構大変だったですよね。共通点としては田の中さんだけだったわけで。

暮田: そうですね。

ボグダン: 最初、貝沢さんが言う所の”リズム”を掴むのに苦労してたと思いますけれども

暮田: そうですね、東映アニメーションの中でもこういう作品っていうのは他に余りないタイプの物でしたので どういうのをお手本にしたらいいのか、全くわからない状態から始めなければならなかったのが大変したね。
でも、ベテランの貝沢さんも好き勝手やってたので(笑)

ボグダン: それぞれの話数を見ても演出さんの味が見えてるし、良くでていますよね。暮田さんの話数を見ても、暮田さんらしい部分が結構ありますね。ちなみにマリガリの中で、ここが好きという所はどこですか?

暮田: 結構マリガリって制約が無いんで、色々と設定を考えたりとか機械とか色々考えたりとか したりするのが楽しいですね。

ボグダン: 暮田さんはアニメに関わる前デザイナーでしたよね

暮田: そうですね。

ボグダン :シーズン1もver.2.0も暮田さんの考えた色々なロボットだったり、メカニカルな物が登場しているんですけれども、それの設定が楽しいんですよね。

ボグダン: マリガリシーズン1とver.2.0の印象の違いはどうですか?

暮田: やっぱりノリカが出てきたので、さらに色々と大変な人達が増えたので、大変だなぁって(笑)

ボグダン :強烈なキャラクターだらけですからね!(笑)

暮田 :キャラクターが強烈なのでそれを上手くまとめるのが結構大変です。(笑)

ボグダン: 演出された中で、ここが好き、この場面が好きというのはどこでしょうか?

暮田: 13話のガリレオがいきなりイケメンになる所ですね。

ボグダン :白夜の話ですね。ガリバのオヤジたちが白夜の時だけはイケメンになるっていう回ですね。

暮田 :その設定にもかなり無茶があるんですけどね。チョーさんがかなりノリノリでやって頂いたみたいで(笑)
いい意味でチョーさんが暴走してくれて良かったです。

ボグダン :かなりのイケメンになってますもんね(笑)

暮田 :そうですね!

ボグダン :絵コンテの時から、かなりのイケメンになってましたよ!

ボグダン: ペットは演出の方に動かすのをお任せしていますが、苦労された所とかはありますか?

暮田: シーズン1の時はマリカとペットだけだったんですが、ノリカのクマが新しく出てきたのでノリカが暴れてそれにあわせてクマが強烈になっちゃってるので。
ペットはそれを抑える役に回る事が多くなってるような事が多いんです。
実は、前のシリーズだとペットは凶暴な所も多かったんですけど、クマの方が凶暴になっちゃってるので、それをペットが抑えにまわるので、ペットも成長したのかなと(笑) 他の方の回とか見ると、クマを慰めたりとかしてたりしますよね。

ボグダン: (絵コンテを取り出し)そういえば、暮田さんの絵コンテの一番上にはいつもイラストが描いてあって、いつもその回のメインになる一枚を描かれてるんですよ。中に出てくるメカとか、この回はイケメンになってるガリレオで、圧力鍋の話では、ボクサーが描いてありましたね。

ボグダン: 最後にファンの方々へメッセージをお願いします。

暮田: 大勢の方に見て頂けると、新しい女の子のキャラクターが来るかも知れませんので宜しくお願い致します。

ボグダン: どうもありがとうございました。

暮田: ありがとうございました。

(インサイド マリー&ガリー 第2回 おわり)