トピックス

お笑いコンビ・オードリーのアフレコ記者会見レポートを公開!(7/13更新))

8月9日放送回に出演される人気お笑い芸人オードリーのアフレコ記者会見が7月10日に行われました!



―――今回、初声優ということですが、アフレコをされての感想いかがでしたでしょうか?


若林正恭さん(以下若林):僕、地味だ地味だなんで言われるんですけど、アニメになっても地味だなっていうのは自分の顔を見て思いましたね。自分でも俺どこにいるんだろうなって、探すのが最初のほうは時間がかかったりしました。口の動きや時間に合わせるのが、いつもと漫才とは違う感じで最初難しかったんですけど、声優さんの皆さんがすごく丁寧におしえてくれたのでバッチリできました。


春日俊彰さん(以下春日):春日はですね、春日の魅力が全て出せたかなーって自分で自分を褒めたいですね。また春日のひとつの可能性を発見してしまったかなーと。あと、声優のジャンルっていうのが広がったかなと。非常にいい機会を与えてもらいました。ABCさんを褒めたいです!


若林:すいませんなんか上から目線で。時期的におかしいんですけどね。ポッと出ですから。


―――お二人がアニメビジュアル化されたのが初ということですけど、ご自身でご覧になっていかがですか?


若林:ちょっとやっぱりお笑い芸人には見えないのかなって自分の絵になって思いましたね。最初に怪獣にあって逃げる一般市民でも全然おかしくないような。もうちょっと春日さんみたいな一流タレントのオーラが出せるように僕もがんばりたいと思いますね。


春日:いやー、非常にいい出来ですね。どっちが春日かわかんないくらいですね。


若林:ちょっといい男な気がしますけどね、絵のほうが。


春日:いやいや、実物のほうがいい男な気がしますけどね。


―――子どもから大人気のプリキュアシリーズですが、オードリーさんも子どもから大人気ということで子どもの心をつかむ秘訣を教えていただけますか?


若林:営業なんか行きますと、僕は子どもには若林さんとか言われるんすけど春日さんは「春日――!」って呼び捨てなんですよね。呼び捨てにするから春日が怒ったら「春日く――ん!」って言って。「さん」付けは絶対しないのでちょっとこうバカにされてるんですよね。


春日:子どもの視線に下りて、というスタンスですから。


若林:子どもになめらるってことなんじゃないかなーって思いますけどね。人気が出る秘訣っていうのは。


春日:身近に感じられるようなスタンスってことですよね。あとは女のお子さんということで、お子さんに限らず女性は春日に惹かれますからね。そういったところもあるんじゃないかなと。


―――プリキュアたちには将来の夢がありますが、お二人は小さいころの夢はなんでしたか?


若林:本気で思ってなかったんですけど、なりたい夢が科学者っていうと家族のテンションが上がるんですよね。プリンとかを出してくれるので。全くなる気なかったですけど科学者になりたいって言ってましたね。家庭内のテンションがちょっと上がるんですよね。全く思ってなかったですけど。


春日:春日はですね、なんのジャンルでもいいのでキュリー夫人やライト兄弟のような伝記、「春日俊彰」っていうのを出したかったですね。死んだ後に誰かが書いてくれれば。


若林:今だったら出せないでしょ。


―――でもいまこれだけ人気でいらっしゃるのでまだ今もその夢は…


春日:もちろんそうですね、ありますね。


―――お二人は長年コンビを続けておられてますが、仲良くしていく秘訣があれば教えてください。


若林:僕は春日のことを決していい奴だとは思わないんです。中学2年から一緒なので、嫌な部分があっても「あ、春日だな」って。腹が立ったり、怒りが沸くことはあまりないですね。


春日:お互いあまり干渉しないですね。だいたいのことはもうわかっておりますから。


―――高校時代の部活も一緒に乗り越えて、お笑い界も一緒に乗り越えていかれて、見えない絆みたいなもあるんでしょうか?


若林:深い話が春日とはできないですからね。それが逆にいいんだと思うんですよね。「これから俺たちどうしてく?」って言ったら返事返ってこなかったですからね。


春日:性格が真逆なんですね。彼はちょっとネガティブなところがあって春日はポジティブなので。春日、悩んで寝れなかった夜が一度もないんですね。生まれて30年経ちますけども。何があってもぐっすり寝れます。


―――最後に、これからまた新たに挑戦したいことはありますか?


若林:やったことのないことにはどんどん挑戦していきたいですね。お芝居なんかも出たことないので。あと、アニメはもうちょっとやってみたいなって思いましたね。今回は自分のキャラクターで出たんで、妖怪みたいな違う声出したりするような、自分じゃないキャラクターもやってみたいです。


春日:体を張っていきたいみたいなところがあるんで、人間ていうのは追い込まれるとこういうことになるんだっていう様を日本全国の方に見せていきたいです。だから極限なことに挑戦したいですね!


オードリーが出演する「夏だ!祭りだ!オードリー!!」は8月9日(一部地域を除く)放送です!
お楽しみに!!
ページトップへ