第 5 話 『 マジヤバ!捨て身のピーサード 』 2004/02/29
脚本  羽原大介 演出  川田武範 作画監督  河野宏之 美術監督  行 信三/下川忠海
いつもと変わらない平和な日曜日…。メップルはあい変わらず、朝食を食べるとすぐに、”ミップルに会いに行 く!”と迷惑顔のなぎさを尻目にワガママの言いたい放題。おだてにのせられて雪城家に向かい、待ち侘びていた ミップル・ほのかと共に公園に向かうが、ナンパにあってギャク切れしたり、恋人に自分が考えもしなかった理想を 求めるほのかや、たこ焼屋であかねに言われた一言にお互いの世界の違いを感じてしまう。 …その頃ピーサードは度重なる失態に、仲間の嘲笑をあびて、一人最後のチャンスに挑もうとしていた。
なんとなく世界は違うけど…一緒にいる事に楽しさを見出 したほのかに比べ、どうしても相手との違いを気に掛けて、困惑気味のなぎさ。今一つ通じ合えない二人に、ピーサードが襲い掛かる!!一人では変身できずに逃げ惑い、 負傷して追い詰められたほのかは、ピーサードにコミューンを奪われ、最後の意地で対抗するも絶体絶命のピンチを迎えていた。だが…「ちょっと待ったぁ!」危機一発でなぎさが駆けつける!ピーサードは己のプライドを守る為コミューンをほのかに投げ返し、二人でプリキュアに変身、 絆を確かめる様に再び戦いに向かう。
「誰が行ってもピーサードよりはマシな仕事をするんじゃない?」上手くいかない自分の任務や、仲間の言葉にピーサードも怒りや焦りを覚えていた。いつもよりキレのある攻撃で、反撃の隙を与えないが、傷つきながらも二人は諦めない。お互いをかばいながら戦い、向かってくる姿は彼を一層苛立たせていた。「偽善者ぶって相手を気にかけてどうする!?先に助けて下さいと言った方だけ見逃してやる!」憎々しげに吐き捨てられたピーサードの言葉は、二 人の闘志に火を点ける。「冗談じゃないわよ!!」「そんなの絶対に間違ってる!!」
力で言う事をきかせるなんて間違ってる、みんな一生懸命生きているんだから…。「プリキュアマーブルスクリュ ー!」お互いの手をとり、必殺技で対抗する二人。稲妻が走りピーサードを襲うが、彼も必死だった。力同士がぶつかり火花を散らす。「いずれお前らもドツクゾーンに支配されるのだ!」しかし、なぎさとほのかはますます強く手を握り合い、攻撃は威力を増す。「私たちを馬鹿にしない で!」眩い閃光がピーサードを、絶叫もろ共のみ込んでいく…朝日の中に残されたのは輝くプリズムストーン。謎だらけの敵の正体に、残り四つプリズムストーン、まだまだなぎさとほのかの戦いは続きそう…  
 
(C)ABC・東映アニメーション