作品情報

スタッフ

原作・ストーリー&キャラクター原案 
鳥山 明
プロデューサー
野﨑 理(フジテレビ)
佐川直子(読売広告社)
木戸 睦
シリーズディレクター
地岡公俊
キャラクターデザイン
山室直儀
制作
フジテレビ
読売広告社
東映アニメーション

キャスト

孫悟空・孫悟飯・孫悟天
野沢雅子
ベジータ
堀川りょう
ブルマ
鶴ひろみ
トランクス
草尾毅
ピッコロ
古川登志夫
亀仙人
佐藤正治
クリリン
田中真弓
チチ
渡辺菜生子
ビーデル
皆口裕子
ミスターサタン
石塚運昇
魔人ブウ
塩屋浩三
ビルス
山寺宏一
ウイス
森田成一
ナレーション
八奈見乗児

鳥山明先生によるコメント

『ドラゴンボール超』は、魔人ブウ編の完全なる続きになります。
 ちょっとした闘い後のやり取りがあって、破壊神ビルスが登場する
 『神と神』編、そしてフリーザが蘇る『復活の「F」』編、と続き、
 そして、新たにボクがストーリーを書き下ろしたのは、ついに、この宇宙をも
 飛び出してしまった奇想天外な話です。闘う相手はズバリ、お隣の第6宇宙!
 あまりネタバラシしてしまうと怒られるので、これ以上は
 秘密にしておきますが、巨大な超ドラゴンボールを巡る、とっても
 楽しくワクワクするようなシンプルで明るい展開になっていると思いますよ!
 別の宇宙、ということで新キャラもいっぱい出てきます。
 がんばって、なるべくたくさんキャラデザインも描きますので
 そちらもお楽しみに。
 ふと思うと、『ドラゴンボール』というアニメもいつのまにか
 やたらデカい話になってきましたね。
 自分で書いておいて、こんなこと言うのも変ですが、
 始めた当初は、まさか宇宙が舞台になるなんて思ってもみませんでした(笑)
 とはいっても、いつもどおりとてもわかりやすい展開なのでご安心を。
 『ドラゴンボール超』ぜひテレビで楽しんでくださいね!

野沢雅子(孫悟空・孫悟飯・孫悟天 役)によるコメント

CM、ゲーム等で数知れず「超」という言葉を言って来ましたが、いよいよ、
シリーズ“ドラゴンボール超”がスタートするという事で最高です。
首を長~くして待ちに待った新シリーズ、長~く長~く続くともっと最高です。

(悟空)オッス!オラ、又みんなに会えてうれしいぞ。
(悟飯)お父さん、本当に良かったですね。皆さんにお会い出来て!
(悟天)ワ~イ、又いっぱいトランクスくんとフュージョンするんだ!
(悟空)みんな!!ぜってぇ見てくれよな!!!

プロデューサーによるコメント

フジテレビ プロデューサー 野﨑理(フジテレビ編成部)

私が子供の頃に、夢中になってテレビにかじりつきながら見ていたドラゴンボールの続編が
再び完全新作のテレビアニメとして、しかも、鳥山先生のプロットをもとにした話で始まるということで、私自身がワクワクドキドキしています。
既に頂いている鳥山先生からのプロットを読みながら、夢が膨らむばかりです。
もしかしたら、ブウやフリーザ以上に強い敵も登場するかもしれませんよ…。
18年ぶりの新作テレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」をお楽しみに!

東映アニメーション プロデューサー 木戸睦

私が、入社まもなく配属された現場が「ドラゴンボールZ」(フリーザ編放送時)でした。
ごくわずかな時間でしたが、当時の現場の熱とテンションは鮮明に記憶に残っています。
当時のドラゴンボールのエッセンスを今の現場に受け継ぎ、一新されたスタッフで、
よい意味で全く新しいドラゴンボールをお届け致します。
今まさにスタッフ一同「ドラゴンボール超(スーパー)」製作に全力投球しています!
皆様、お楽しみしていてください!