もうすぐ最終回!高山みなみさん、三条 陸さんが語る”デジモンクロスウォーズ”!

12/03/16

  • 約1年半続いてきたデジモンクロスウォーズシリーズ。クライマックスを迎え3月18日、25日(最終回)の放送には歴代主人公が総登場!
  • デジモンクロスウォーズの主人公「工藤タイキ」を演じて来た高山みなみさんと、シリーズ構成を担当された三条陸さんが、櫻田プロデューサーと共に
  • 最終回を前にした今の気持ちなどを語って頂きました。

  • ※文中敬称略です。
  • ※お集まりいただいたみなさん、ありがとうございました!

■■いよいよ次回で最終回。いまの心境は?


■3月18日放送話からいよいよ、歴代主人公総登場!!

櫻田プロデューサー(以下、櫻田): 2010年7月から放送を開始したデジモンクロスウォーズも3rdシーズン「時を駆ける少年ハンターたち」も2011年3月25日の放送で、いよいよ最終回を迎えます。心境はいかがでしょうか?

高山みなみ(以下、高山): 私はまだ、終わるという実感がしていないです。新しい台本がこないだけ……というような。「マネージャーくん、早く持ってきて」。そんな気分ですね。

櫻田: 三条さんはいかがですか。

三条 陸(以下、三条): 「時を駆ける少年ハンターたち」というサブタイトルの通り、「ハンター」が3期の特徴でした。貝澤監督からクライマックスに向けての要望のひとつとして頂いたのが「何故ハンターが必要だったのか?」への回答が欲しいということでした。その答えは78話で判明します。そして、その上にさらに歴代のヒーローたちがクライマックスに総出演することが決まったんです。

櫻田: 私もお祭りのように盛り上げて華やかなエンディングにしたいという気持ちがあったので、いつか歴代主人公にも来てほしかったです。







■歴代主人公たちの共演

■デジモンアドベンチャーの八神太一とアグモンはどんな活躍をするのか!?

櫻田: 歴代主人公キャラクターたちと共演されていかがでしたか?

高山: 驚きの連続でした。私は初めて出会うキャラクターばかりでしたし、キャラクターがみんな特徴的で。とても楽しかったです。

櫻田: これまでの78話、その前後でゼンジロウやアカリも含めて、キャラクターが再集結できたのが良かったですね。

三条: 全員喋っているわけではないけど、3期のゲストキャラも総登場でしたね。

櫻田: 三条さんが担当した脚本の特徴は、キャラクターがだんだん役者さんの影響を受けてくるように思います。いい意味で予想外の事が起こる(笑)

高山: 役者さんが皆さん、本当にすごい。“引き出し”をたくさん持っている方たちです。デジモンクロスウォーズは特にいい役者さんがそろっていたと思います。





■歴代の主人公が総出演

■高山さんが印象に残ったデジモン、アポロモン。デスジェネラルの一人。

櫻田: 歴代主人公が総出演する脚本を書かれて見ていかがでしたか?

三条: 書く方で言うと、当時のキャストが全員そろえられるかが心配で、本当に書いちゃっていいの?と思いました。
そういうのもあって、最初二人(太一と大)が来て、ちょこちょこと様子見で入れていきました。
結果全員登場させられる事になって、しかも当時のキャストご本人に出ていただけて、これは相当フルスペックな事ができたのでよかったなと感じています。

櫻田: ちなみに一番高山さんが印象に残っている敵は誰ですか?

高山: たくさんいて困っちゃいますね。自分というかタイキの中で気持ちが揺れ動いて色んな事を考えたのはアポロモンです。二つの人格に操られているのをほっとけなくて。 でも、最後まで信じていましたけど(笑)。








■デジモンへの愛がつまった最終回!

櫻田: 最終回を楽しみにされているファンの方へメッセージをお願いします。

高山: お伝えしたいことはたくさんあります! ですが今はまだ「大変なことになる」としか言えません。タイキとしては、みなさんが見てくれないと、ちょっと大変です。……とにかく見ていただいて、応援してください!

三条: ぜひ楽しんでいただければと思います。関係者の全員がデジモンへの愛であふれていて、想像以上にお祭り感があります。普段ならここまではできないだろうな、という楽しさがプラスされていますのでお楽しみに!

高山: 本当に愛多き作品ですよね。

三条: 歴代のキャラが出るというお祭り的なものもありますが、クロスウォーズハンター編自体のストーリーの結末をぜひ見届けてください。

高山: いよいよ謎が解けますから、見逃さずに!



後編はこちら!!