「櫻井孝宏が聞く!デジモンクロスウォーズ緊急座談会」第一回「主人公チーム」後編

11/10/20

  • ※文中敬称略です。
  • ※お集まりいただいた声優のみなさん、ありがとうございました!

■今後の展開について

櫻井:今後の展開の予想、または、こうなったらいいなという希望はありますか?

高山:う〜ん、まだ序盤だからねえ。

櫻井:まだ分からないことがいっぱいですが、自由に想像してもらっちゃって構いません!

井上:謎の人たちがちょうど3人出てきてるので、3対3のチーム戦とか、協力プレイとかやってみたいですよね。

櫻井:向こうチームのパートナーデジモンが…また個性的と言いますか…。

坂本:クセが強いよね。

高山:まだ、本性を現してないしね

櫻井:ドラクモンなんて、岸尾だいすけの為に作られたんじゃないかと思うようなデジモンですからね。

高山:美味いか、不味いかの判断だからね(笑)

一同:(笑い)

櫻井:くーさんはどうですか?

渡辺:うーん、そうですねぇ。スタジオが「お花畑化」してきたってお話が出たんですけど、私は前の…。

高山:夏の合宿所に!?

渡辺:夏の合宿所に、ちょっと足を踏み入れてみたいです。

櫻井:この場で言っておけば、今後のお話に反映されるかもですよ〜(笑)

渡辺:世界を背負いたい! あ、宇宙を背負いたい!!

井上:宇宙を背負って戦いたいです!

櫻井:宇宙を背負って戦いたい!?

坂本:それは本当の力技だよ? そんなカワイイ声だしてたんじゃ、宇宙は背負えないんだよ? 喉に力こぶと血豆だよ?

渡辺:でも、ホントやってみたいんですよ!

坂本:「もう無理です…」とか言っちゃうくせにぃ。絶対だなー? 頑張るんだなー?

高山:ここの関係が、すっごく面白いんだよね。もうホント、キングとガムドラモンの関係そのまんま。

坂本:マジっすか?

櫻井:いや、ホント見ていてそう思いますよ

井上:(うなづく)

高山:千夏姉が何か言うと、くーがビクってするの。

一同:(大爆笑)

坂本:そんな事ないわよねえ? くーちゃん? にっこり。

渡辺:と、とんでもないッス! そんなことないッス! アンパンと牛乳で、海でも池でも行かせて頂きます!!


櫻井:じゃあ、くーさんはパワフルな展開を期待しているって感じですか?

渡辺:っていう展開も見てみたいな、とは思いますね。ちょっと生意気な言い方になっちゃうかもしれませんが、今までやってきことに、(坂本さんと高山さんの)お二人が凄く誇りを持っていらっしゃるんですよね。そこの部分を私たちもやれたらいいな、と。

坂本:でも、ほら、始まったばかりだから。この先、みんな高みに向かってさ、ぐいぐい行くわけ!

高山:きっとドンドン強いのが出てくると思うよ?

櫻井:ですね。出てきますよねぇ。

高山:そのためにも、まずはユウのパートナーデジモンを、ね?

櫻井:あ、そうですね!

高山:ポスターには出ているけどもね。

櫻井:このフォルムのキャラがメインビジュアルで堂々と出るって、なかなか無いですよ!

「これは何だ!」「何なんだ!」ってなりますよ!

一同:(笑い)

櫻井:前のシリーズを見てる方は、当然、何者かは分かっているわけですけども。

高山:ホントに早く戻ってきて欲しい…。

櫻井:そうですね。切ない別れでしたからね。

渡辺:今日のエピソードでも、凄く切ないシーンがいっぱいあって。

高山:何度も何度も、見せられちゃってるもんね

渡辺:しかもダメモン役の菊池さんの声が聞こえてきちゃいましたから! すごく切ないセリフが!

櫻井:そうなんですよねぇ、このダメモンっていうキャラはホントに…。

渡辺:だって、名前からして切ないじゃないですか(笑)

櫻井:だって「ダメモン」ですからね。

高山:ダメじゃないですけどね(笑)

櫻井:みなみさんはどうですか?

高山:そうねぇ。まずは、みんなのパートナーデジモンがちゃんと揃って欲しい!それでチーム戦を やりたいよね。あと、大型のデジモンをハントしてみたいね!

坂本:ちょっと初心に戻ってね。

櫻井:千夏さんは? 既にキングという高みにのぼってしまっているわけなんですが。

坂本:そうなのよねぇ〜。

櫻井:「若い衆、ちゃっちゃとやっといて!」みたいな、そういう感じがあるのかもしれませんけど(笑)

坂本:いやいや、そんなことはありませんよ? 叩き上げですから!

櫻井:やっぱり現場が好きですか?

坂本:現場が好き。

井上:王様なのに割と現場に来てくれますからね。

坂本:まだまだ、若いもんには任せられねぇなあ〜(笑)

櫻井:やっぱ、“誰よりも先に突っ込む!”っていうのがシャウトモンですからね。その辺は見たいですよね。

高山:どんなにやられても砕け散っても立ち上がるからね。そこもまた見せてほしいなぁ。

坂本:でも、もう砕けなくてもいいけどねぇ(笑)


■視聴者へのメッセージ

櫻井:最後に、視聴者の皆さんへのメッセージをお願いします。

井上:デジモンクロスウォーズに参加させて頂けるということでプレッシャーを感じつつも、ワクワクとドキドキでいっぱいです! 物語自体もワクワクとドキドキ満載なお話になってると思いますので、皆さんにたくさんの夢を届けられるよう頑張ります! 宜しくお願い致します。

渡辺:えー、タギルがとてもいいことを言ったので、自分本意な方に走ってしまいますが…本当にやりたかった世界観、やりたかった役を頂き、タギルと一緒に突っ走ってアニキたちの背中を追いかけていきたいと思いますんで、楽しみにしていてください。

高山:新しいシリーズも物凄く熱く、魂込めて演じているので、スタジオでの雰囲気そのまま皆さんのもとへ届くと思います。
(井上さん、渡辺さんの方に向き直り) 大丈夫だ! 骨は拾ってやるから、好きにやれ〜!

渡辺・井上:ありがとうございます!!

坂本:みんな凄く真っすぐ、一生懸命にやっています。 だけど、あのぉ…オレはキングになったけれども、左うちわでやるつもりは全然ないんで。 これから、もっともっと色んなデジモンとぐっちゃぐちゃになって、面白い話になればいいなと。見てる側としても、そんな風に思います。

櫻井:色々と伺ってまいりましたが、皆さまいかがでしたでしょうか? キャスト、スタッフ一同、一丸となって盛り上げて参りますので、『デジモンクロスウォーズ 時をかける少年ハンター達』。毎週日曜日朝6時半と、少し早起きして、是非ご覧頂ければと思います! 本日は皆さん、ありがとうございました。

一同:ありがとうございました!

123