第 79 話 燃え上がれタギル! 栄光のデジモンハント!

2012/03/25

脚本:三条 陸  演出:貝澤幸男  作画:浅沼昭弘  美術:鹿野良行

突然のリョウマの裏切りによってブレイブスナッチャーは壊れ、タイキとシャウトモンは重傷を負う。リョウマを責めるタギルだったが、すべての黒幕はアスタモンだった。アスタモンはクオーツモンの端末で、今までリョウマをあやつっていたというのだ。勝利を確信したアスタモンは持っていたデジモンたちのデータと一緒にクオーツモンと融合、完成体となってしまう。そして地球をすべてデータ化するため、地中へと潜っていった。やがてクオーツモンが起こしたデータ化の波が、地球のすべてを覆い尽くそうと迫ってくる。

間一髪、クロックモンの必殺技でデータ化の波を押しとどめた時計屋のおやじだったが、それも長くは持たない。そこでタイキは負傷した自分の代わりにタギルを指名した。最初は戸惑っていたタギルだったが、タイキから託されたゴーグルを身に付け、5人の英雄と、ふたたびブレイブスナッチャーの引き上げに挑む。みんなの励ましの言葉を受けて、タギルはブレイブスナッチャーの引き上げに成功、5人の英雄の力を結集させる。そしてブレイブスナッチャーを手に、タギルとアレスタードラモンはクオーツモンに戦いを挑んだ!

ブレイブスナッチャーを手にしたアレスタードラモンの前に、手も足も出ないクオーツモン。戦いは決まったかに思えたが、クオーツモンは卑怯にもデータ化した人間たちを自分に融合させて盾にした。みんなを傷つけるわけにはいかないと、攻撃の手を止めた瞬間、クオーツモンの攻撃でブレイブスナッチャーは破壊され、タギルとアレスタードラモンは敗れてしまう。しかし、この絶望的な状況でも、ふたりは戦うことをあきらめなかった。その不屈の闘志が、ふたたびアレスタードラモンをスペリオールモードへと進化させる。

ブレイブスナッチャーをデジクロスで修復、アレスタードラモンにクロスアップさせるタギル。クオーツモンはふたたび人間を盾にしようとするが、タイキたちは渾身の力でそれを阻止する。そして、アレスタードラモンの一撃がクオーツモンのルーツを破壊、長かった戦いを終わらせる。ついに念願のスーパーヒーローになるタギルとガムドラモンだったが、その余韻にひたる間もなく、デジクオーツの崩壊で人間とデジモンはそれぞれの世界へと引き離されてしまう。それから一ヶ月後、やる気を失っていたタギルの前にガムドラモンが現れた。そう、戦いは終わったが、デジモンハントはまだ終わっていなかったのだ。