おしらせ
【「東映アニメーションギャラリー」スタジオ仮移転に伴う長期休館のお知らせ】

皆様には日ごろよりご愛顧いただき心より御礼申し上げます。

開設から11年、多くの方にご来館いたたいた東映アニメーションギャラリーは、 大泉スタジオの建て替えのため、2014年9月23日をもちまして休館いたしました。

3年後の新スタジオ完成とともにリニューアルオープンする予定で、これまで以上に皆様に親しまれ、楽しんでいただけるよう、 さらに充実したアニメーションギャラリーを目指してまいります。

リニューアルオープンの詳細につきましては当ホームページ等で随時 お知らせをしてまいります。


東映アニメーション株式会社



【TOEI ANIMATION GALLERY TEMPORARILY CLOSED】

Please note that Toei Animation Gallery is currently closed due to the rebuilding of Ohizumi Studio. A brand new gallery will open to the public when rebuilding of Ohizumi Studio is completed. We will prepare for the opening of our renovated facilites. Please check out our website for updated information.

Toei Animation
 
 「さよなら大泉スタジオ 〜その誕生と成り立ち〜」展

 2014年6月21日(土)から9月23日(火)まで開催


 

東映アニメーション(旧東映動画)大泉スタジオは、1956年に起工し、1957年1月竣工、57年間アニメーション製作スタジオとして存在してきましたが、建て直しのために来年取り壊されることが決定しました。 東映動画創立一年を待たずに完成した東映アニメーション(旧東映動画)大泉スタジオは東洋一と言われた漫画映画スタヂオでした。数々の劇場・テレビ作品を生み出し、多くのアニメ関係者を輩出したアニメ製作スタジオとして、また、東映関連のロケ地としても知られている歴史あるスタジオです。この大泉スタジオの当初からの姿を写真、図面、製作した作品、アニメ製作技術、そしてここに集った人々を通して、その歴史を振り返ります。 1957(昭和32)年一棟だけだったスタジオは「白蛇伝」製作のためのスタッフの急増とCMフィルムの需要増加に対応して、時をおかず増設、翌年にはL字型になり、2年後の1959(昭和34)年には三期棟が完成、建物はコ型になり、さらに1964,(昭和39)年、狼少年ケンからはじまるテレビアニメ製作のために、四期棟が三期棟につながる形で完成、現在のスタジオの原型を形作ります。その後、五期、六期と棟を広げ、現在の東映アニメーション大泉スタジオに成長してきました。 竣工から57年、日本のアニメーションを牽引し、多くの関係者を輩出した「東映動画スタヂオ」その誕生から成り立ちを作品の製作と絡めながらひもときます。

 
 OB絵画展

 ギャラリースタッフ三人の会 サロンで開催中

 
東映アニメーションギャラリーで、土・日・休日の運営スタッフを担当する 東映アニメーションOBの
草間真之介
藤本芳弘
村松錦三郎

の三人が 日ごろ描きためた絵画作品を持ち寄り、OB絵画展を開催中です。

東映動画の劇場アニメ、テレビアニメの多くの作品に名を連ねる三人の絵画作品をご覧ください。!

 




東映アニメーションHP
TOP | ごあいさつ | ご利用案内 | 歴史 | お問い合わせ
(c)copyright 2004 Toei Animation Gallery