施設案内
東映アニメーションギャラリー
(大泉スタジオ建て替えのため、2014年9月から休館しています)

(東映アニメーション大泉スタジオ内)
住所:
〒178-8567 東京都練馬区東大泉2-10-5
交通機関:
池袋駅より、西武池袋線にて準急約16分、各駅停車約22分
「大泉学園」駅北口下車 徒歩15分
入館料:
入館無料
開館時間:
9:30〜17:00 (入館は16:30まで)
休館日:
毎週月曜日休館(月曜日が休日の場合は火曜日休館)
2012年の年末年始は12/27(木)まで開館、2013年は1/8(火)から
※駐車場がありませんのでお車でのご来場はご遠慮下さい。
※入館の際は、当社入口守衛所にて入館手続きを行って下さい。
東映アニメーションギャラリーご来館のみなさまへ
(大泉スタジオ建て替えのため、2014年9月から休館しています)

 
■スタジオ社屋内、ギャラリー内での写真撮影及びビデオなどの動画撮影は禁止させていただきます。 一部[劇場版宣伝スタンディ]、ギャラリー内は[プリキュア等身大フィギュアの記念写真コーナー]のみ撮影可能です。
■ギャラリー内、社屋内での飲食は禁止させていただきます。サロンに飲み物の自動販売機が ございますので、サロンをご利用ください。
■走ったり、あばれたり、騒いだりしないでください。
■展示物に触れたり、勝手に移動させたりしないでください。


(大泉スタジオ建て替えのため、2014年9月から休館しています)
東映アニメーションギャラリーは社内の特撮ステージ(旧CMスタジオ)を改装し、2003年3月にオー プンしました。東映アニメーション鰍ェこれまでに製作してきたアニメの製作資料を展示しております。
企画展スペースでは、5月6日まで、プリキュアシリーズ10周年を記念して「プリキュア10thアニバーサリー」展を開催中です。2004年2月1日にスタートした『ふたりはプリキュア』から現在放映中の『ハピネスチャージプリキュア!』までプリキュアシリーズ全11作品を番宣ポスター、スチール、設定資料などと共にご紹介します。また、5月10日 からは劇場公開を記念して『ロボットガールズZ』特別展を開催いたします。
テレビアニメが始まった時代を感じさせる「お茶の間」を展示、「狼少年ケン」からの初期モノクロ作品オープニングをなつかしい雰囲気の中で楽しんでいただけます。
歴史展示スペースでは、東映アニメーションの歴史を年表で見ていただくとともに初期劇場作品作品の宣伝用ポスターなどを展示しております。
プリキュアゾーンでは、プリキュアの等身大フィギュアが「ドキドキプリキュア!」に変わりました。
写真撮影をお断りしているギャラリーの中 で、ここは、プリキュアたちといっしょに記念写真を撮っていただけるコーナーです。
パソコン塗り絵のコーナーや歴代プリキュアのパネル展示、お母さんたちにはピンクのベンチもご用意しました。
アニメの原理を理解していただくための模型も展示してあります。手作りの「アニメの原理」模型を実際に動かしてみることで、アニメの仕組みがわかります。
ギャラリー内に設置されたモニターでは、現在展示している作品のオープニング映像や、アニメができるまでの製作工程を紹介するビデオ、そして、歴代アニメ作品のオープニング映像等がご覧いただけます。いすをご用意しておりますので、ごゆっくりお楽しみください。
※随時展示を入れ替えておりますので、内容やレイアウトが異なる場合がございます。


(大泉スタジオ建て替えのため、2014年9月から休館しています)
ギャラリーのとなりに設けられたサロンでは、東映アニメーション歴代アニメ作品のオープニング映像や、予告編などをご覧いただくことが出来ます。また、東映動画OBによる展覧会も随時開催しておりますので合わせてお楽しみください。
※上映作品は随時入れ替えております。
サロン併設のショーケースでは、東映アニメ作品に登場したいろいろなキャラクターのフィギュアや、関連グッズ・DVDなど、なつかしいグッズから最新のものまでを展示しています。





東映アニメーションHP
TOP | ごあいさつ | ご利用案内 | 歴史 | お問い合わせ | リンク
(c)copyright 2004 Toei Animation Gallery