■登場キャラクター
●キン肉万太郎(キン肉マンII世)
キン肉星の王子として、過保護に育てられた現代っ子だったが、悪行超人の復活によって超人レスラーとして覚醒する。日常は遊んでばかりで、カワイイ女の子にも目の無いお調子者だが、ピンチになるとキン肉族の奥義であるところのK・K・D(火事場のクソ力)を発揮して窮地を脱する。必殺技はキン肉バスター。キン肉ドライバー。マッスル・ミレニアム。
●ミート
先代キン肉マンに仕えていた超人少年。冷凍睡眠で現代に目覚めて、万太郎のお目付役とセコンドとして活躍する。
少年ながら冷静沈着で、高い見識を持ち、万太郎のおふざけにはいつも頭をなやませている。
●マッスル人参
今回の物語の発端となった、伝説の秘薬。それを口にした超人は宇宙を支配するほどの力を手にすることができるという。かつては、それを奪い合う無数の超人達の間で超人戦争が起こったこともある。
●二階堂凛子
万太郎のあこがれている女の子。気性は荒いが優しい心の持ち主で、口では文句を言いながら何かと万太郎の世話を焼く女子高生である。
実は捨て子なのだが本人はその事実を知らない。
●ガゼルマン
ニュージェネレーションとして、東京地区に駐屯する正義超人。ヘラクレス・ファクトリーでの総合成績No.1の実力派。なかなかの美形かつ高い戦闘力を有している。必殺技はアントラー・フィスト。
●テリー・ザ・キッド
伝説超人テリーマンの息子。キン肉マンのサポートとして戦っていた父に反発し、自分は万太郎を倒してNo.1になるのだと野望に燃える若き超人レスラー。だが、テリーマンとスグルの友情を理解してからは、力に固執することはやめ、万太郎と協力するようになる。必殺技はカーフ・ブランディング、トー・ホールド、テキサス・クローバー・ホールド。
●セイウチン
北海道駐屯の正義超人。アイルランド出身。ヘラクレファクトリーでの総合成績No.2の実力派。温厚なやさしい性格の好青年だが、その人の良さが試合では命取りになることもある。
●エニホエア共和国王女 ダレナンダ姫
端正な顔立ち、輝く金髪に、側近のアレナンダに言わせると「ちょっと天然入っている所が人気の秘密」なエニホエア共和国の若き王女。マッスル人参を悪行超人達から守るという重大な使命を、その優しいまなざしの奥に秘めている。
●ダレナンダ王女のお付き アレナンダ
胸に黄金のロケットを下げた、ダレナンダ王女お付きの少年。船とともに囚われた王女を救うため、決死の覚悟で海へ脱出。日本の正義超人「ニュージェネレーション」たちに助けを求める。勝ち気で、姫を想う気持ちは誰にも負けない。
●残虐超人 バロン
紳士的な容姿に似合わず、目的のためなら手段を選ばぬエリート残虐超人。マッスル人参を狙い、恐るべき残虐超人軍団を率いて超豪華客船「ROSEBUD〈ローズバド〉号」をジャックする。仮の姿とも言われるその顔の裏には、どのような凶悪な正体が隠れているのだろうか…?
●残虐超人 ダズル
呪術師のような風体が怪しげな雰囲気を漂わす、バロン軍団の強力な指揮官。テリー・ザ・キッドを軟弱者として蔑んでいる。二人の決闘の行方は!?
●残虐超人 エル・カエルーン
両生類のような体に朱色の長いマフラーをまとった、無気味な残虐超人。カエル由来の予想のつかない動きでセイウチンを苦しめる。必殺技はすさまじいスピードで繰り出す「フライング・フロッグ・アタック」。
●残虐超人 ザ・プロテクター
超重量級のボディで放つ、必殺「シェルプレッシャー」の破壊力は対戦相手のガゼルマンにとっても大きな驚異。片手で軽々と人間を放り投げる怪力も持ち合わせている。



(C)ゆでたまご・本郷あきよし/集英社・東映アニメーション・テレビ東京・サンライズ・名古屋テレビ・「2002年夏 東映アニメフェア」制作委員会