アニメは東映アニメーション > 作品ラインナップ > TV 番組 > 一休さん

一休さん

一休さん

作品情報

75年10月15日~82年6月28日
毎週水曜日19時30分~20時00分
毎週月曜日19時30分~20時00分 (76年4月12日~)NET、ANB系

ストーリー

一休さんのストーリー画像1

小松天皇の皇子である千菊丸は、母と別れて安国寺の小僧、一休として修行の道に入り、毎朝日の出前に叩き起こされ冷たい水での拭き掃除に泣きべそをかき、暖かいお母さんの懐が恋しくても、夕焼けの空に「お母さん!」と呼んでみる以外にどうすることも出来なかった。

そんなある日一休さんは、和尚さんのお供で京の町へ出かけると、町の中へ入る橋のたもとで乞食の少年が役人に京の町の中にいる母親に会いに行きたいと必死に頼んでいた。

橋の札には「このはしをわたるべからず」と書いてある。戦乱に家を焼かれ乞食になってしまった者を京の町へ入ることを禁止した札であった。そこで一休さんは、役人が目をそらせた隙にその子と橋を堂々と渡る。

「はしを渡ってはいけないというから、はしっこではなく真中を渡ってきました」と。幾度も頭を下げながら人ごみに消えるその子を見送りながら「あの子のお母さんってどんな人かな」と一休さんは思うのであった。野次馬の賞賛の声も聞こえず、一休さんの胸の内は母恋しさでいっぱいであった。

  • 一休さんのストーリー画像2

解説

一休さんの解説画像1

日本船舶振興会提供の「少年徳川家康」につづく母と子の愛をテーマに据えた企画。サブタイトルは「・・・と・・・」で統一されていた。視聴率も高く安定していて、296本の長寿作品となった。

スタッフ

製作
今田智憲
企画
坂梨港、高見義雄、宮崎慎一
製作担当
吉岡修、菅原吉郎
脚本
辻真先、田代淳二、大川久男、他
チーフディレクター
矢吹公郎
演出
今沢哲男、古沢日出夫、山本寛、他
キャラクターデザイン
我妻宏
総作画監督
石黒育
美術設定
影山勇
音楽
宇野誠一郎

キャスト

一休
藤田淑子
さよちゃん
桂玲子
和尚
宮内幸平
ナレーター
増山江威子
新右エ門
野田圭一
足利義満
山田俊司
弥生
吉田理保子

オープニング曲

トンチンカンチン一休さん
作詞
山元護久
作曲
宇野誠一郎
うた
相内恵

エンディング曲

母上さま・・・
作詞
山元護久
作曲
宇野誠一郎
うた
相内恵

作品タイトルで探す

  • TV番組
  • 劇場版
  • PPV
  • その他 OVA・有料配信・PV等
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 全て表示

年代別

  • 2010年代
  • 2000年代
  • 1990年代
  • 1980年代
  • 1970年代
  • 1960年代
  • 1950年代

CLUB@Pero

CLUB@Peroに入会して、特別コンテンツを利用したりプレゼントやレア情報をゲットしよう!!

CLUB@Pero 無料登録!

プリキュアガーデン

Majokko Collection

尾田栄一郎 公認ポータルサイト ONE PIECE.com