アニメは東映アニメーション > 作品ラインナップ > 劇場版 > 地球(テラ)へ・・・

地球(テラ)へ・・・

作品情報

1982年4月26日公開作品
上映時間65分

カラーワイド版

ストーリー

地球(テラ)へ・・・のストーリー画像1

はるかな未来。限りなく発達するかに見えた人類の文明に、大きなかげりが出てきた。地球の天然資源は枯渇し、環境汚染はとどまるところがない。このままでは地球は滅亡してしまう。で、対策が立てられた。
幼年英才都市人工衛星”アタラクシア”の設置である。
そこではあらゆる汚染が守られて、子供達が育てられ教育されていた。 14歳の”目覚めの日”を迎えると子供達は、成人検査を受け、パスした者のみが純潔な成人として、地球に送られる。
ところが、こうして育てられた人間のなかから、予想もしなかった新しいタイプが発生した。超能力を持った人間である。彼らは”ミュウ”と呼ばれ、エスパーチェックによって検出されて、徹底的に弾圧された。
”ミュウ”たちは地下組織をつくり、指導者をいただいて、アタラクシアの地下に潜んでいた。
その指導者がソルジャー・ブルーである。ソルジャー・ブルーは自分の継ぐ者として、ジョミー・マーキース・シンを選んだ。ジョミーは”ミュウ”たちを率いてナスカに移る。ナスカでジョミーとカリナの間にトォニィができた。自然出産だった。
ビック・コンピューター<マザー・イライザ>によって作られたアンドロイド・キース・アニアンは”ミュウ”たちに捕らえられるが、脱出して地球防衛指令官となる。ナスカは攻撃を受け、崩壊するが、10年後にトィニィをリーダーとして、大船団で地球に向かう。

解説

少女マンガ界の巨星、竹宮恵子の代表作と「あこがれ」「伊豆の踊り子」「めぐりあい」など、映画史上残る青春映画を世に送った、恩地日出夫監督がガップリと取り組んだ、恩地監督初のアニメーション映画、その画面、ドラマ展開はさすがに映画監督ならではのものと、思わせるものがある。
アニメーションらしからぬ斬新なカメラワーク、深く登場人物の心理に踏み込んだその描写。画面づくりの巧妙さもさることながら、 ともす ればアニメーション映画ではおざなりにされ勝ちな声の演出にも、その価値は発揮されており、単に画に声をあてているというだけではない、奥行きとひろがりのある劇的空間を構成している。劇映画の監督がつくったアニメーション映画の中でも出色の作品。

スタッフ

キャスト

作品タイトルで探す

  • TV番組
  • 劇場版
  • PPV
  • その他 OVA・配信・PV等
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 全て表示

年代別

  • 2010年代
  • 2000年代
  • 1990年代
  • 1980年代
  • 1970年代
  • 1960年代
  • 1950年代

CLUB@Pero

CLUB@Peroに入会して、特別コンテンツを利用したりプレゼントやレア情報をゲットしよう!!

CLUB@Pero 無料登録!

プリキュアガーデン

Majokko Collection

尾田栄一郎 公認ポータルサイト ONE PIECE.com