夏休み最後の日に学校のプールに忍び込んだ浅羽が出会った女の子。2学期から浅羽のクラスに転校してくる。幼いころから社会と隔絶した環境で暮らしていたため他者とコミュニケーションをとるのが苦手。唯一心を開ける相手が浅羽である。
両の手首に金属球が埋め込まれていたり、すぐ鼻血を吹いたり、早退がやたらと多かったりと、謎の多い女の子である。
(C)秋山瑞人・メディアワークス/東映アニメーション/ハピネット・ピクチャーズ